Category archives: 育児

育児は女性だけの仕事?

「仕事と育児の両立が上手くできなくて・・・」という声が世間では多く挙がっている。この声を発している人は女性だけではなく、男性も含まれていることをご存知だろうか。「イクメン」と時流に乗った最先端の生き方のように囃し立てられていたものの・・・。現実はそんなに甘いモノではなかったようだ。

男女平等を標榜する男性は、育児も分担と意気込むのだが、現実の壁はまだまだ厚い。女性なら育児に専念後、復職することも可能だが、男性の場合その道はまだまだ閉ざされたままである。

実際にあったイクメンの男性の話をしよう。会社で目いっぱい働いてきた男性が、深夜に帰宅後分担した家事をこなし、翌朝も子どもを保育園に届けるために6時起き。「奥さんの会社は、積極的に女性活用が進められているので、私も負けておれないので育児も分担してやろうとしたのだが・・・」と言葉が詰まる。

ある日、奥さんに「育児をもっとちゃんとやって!」と切れられたそうだ。自分なりに育児も仕事も頑張っていたので、その男性は自信喪失に陥ってしまったらしい。会社で「育児がありますので」って、重要な会議をスッポカして早退など出来ない現実は現存しているというのに。

共働きの夫婦が増加しても、一家の大黒柱として家計を支えるのが「夫」であるという刷り込みがまだしっかりと根付いている。世の中の常識が柔軟に変化すれば男性にも「育児に専念後、復職」という道が拓け、「イクメン」が増殖し、優秀な女性力を活用できる社会になるだろう。

男性の育児休業取得率が低下しているにもかかわらず、「男性も育児参加すべき!」とか「女性が社会で活躍するには、男性の理解と最大限の協力が必要不可欠!」などピントはずれな“理想論”を掲げるばかりでなく、政府は具体的な方策を実行してほしいものだ。